読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元ショップ店員だけが知ってるソフトバンクの説明書

ソフトバンクで働いていた私が賢くお得に利用する方法をお伝えしています。

設定が原因かも。iPhoneが勝手にしゃべりだしたり、クリックもスクロールも反応してくれない時に確認すること。

iPhone 故障・不具合 設定 操作方法

269/365 - why even have that deal?
269/365 - why even have that deal? / B Rosen

ショップで働いていると、「iPhoneが勝手にしゃべりだしたり、クリックもスクロールも反応しないので操作ができなくなってしまった」という事象で相談に来られることがあります。

突然、このような事象が発生することはありませんが、お子様にiPhoneを貸してからおかしくなった、いろいろ操作してたらおかしくなったという人には「そうそうこれこれ!」と思う人もいるのです。

「パスコ―ドの解除もできない」、「タップするとしゃべりだす」、「気づいたら勝手にこうなっていた」、このような状況になっている人に、まずは試して欲しい操作がありますので確認してみてください。

スポンサーリンク

まずはホームボタンを3回連続で押してみる

iPhone 4S
iPhone 4S / matsuyuki

ひょっとしたら、これであなたが困っている問題を最短で解決できるかもしれません。もしこれで解決して、それ以上の情報も必要ないのであれば、この先を読む必要もありません。解決できて良かったです。

ここから先は、「何故こういった現象が起こるのか」、「そうなった時の操作方法は?」、「再発しないための方法」等についての説明となります。

ただ、子供が勝手に操作してこの現象になったお父さん、もしもこっぴどく怒ったのであれば、最後まで見てみてください。ひょっとしたら原因はお子様ではなく、お父さんのiPhoneの設定の問題だった可能性があります。

iPhoneの「VoiceOver」という設定が原因

f:id:urasoftbank:20170218055436p:plain

iPhoneの画面をタップしても、タップした所が音声と共に黒枠で覆われるだけで、操作ができない状態になることがあります。これは故障ではなく、「VoiceOver」というiPhoneの機能です。

現在、困っている人にとっては「なぜこんな面倒な機能が・・・」と思うかもしれませんが、画面を見ずにiPhoneを操作できるための機能です。もっとも、操作方法を把握していればの話なので、いきなりこのモードになったら困るというのはもっともな感想です。

iPhoneは視覚や聴覚などに障害がある人でも操作できるよう、様々なモードが用意されています。これら機能全般は、設定の「アクセシビリティ」で変更ができます。

VoiceOverの設定方法

「設定」⇒「一般」⇒「アクセシビリティ」⇒「VoiceOver」で「オン/オフ」の切り替えが可能です。

VoiceOver(オン)の操作方法

「VoiceOver」は故障ではなく、あくまで機能のひとつですので、最低限の操作方法を知っていればiPhoneの操作は可能です。

  • タップするとタップした部分の内容を音声で説明してくれる。
  • タップした箇所の操作を実行したければ、画面をダブルタップ(該当箇所をタップする必要はなくどこをタップしてもOK)
  • スライドでタップ箇所(黒枠)が移動できる。
  • 画面のスクロールは3本指で行うことができる。

※ちなみに、3回連続タップしても反応しないので、1度タップして音声が流れてからダブルタップしてください。

他にも操作方法はありますが、何も知らずに「VoiceOver」がオンになってしまった人にとって必要な情報はこれだけで十分です。逆にこれらを知らないと、パスコ―ドの解除も満足にできない上、解除ができても設定から解除までたどり着けません。

勝手にVoiceOverがオンになった理由とは

f:id:urasoftbank:20170218062423p:plain

実際に設定から「VoiceOver」までたどり着いた人からすれば、ちょっとした誤操作で「VoiceOver」がオンになるような誤操作に納得するでしょうか?小さい子供などがぐちゃぐちゃにいじったとしても、「VoiceOver」までたどり着く可能性は非常に低いはずです。

では、何故いきなり「VoiceOver」がオンになったのか、これのきっかけとなるのが「ショートカット」です。

iPhoneには、「アクセシビリティ」の機能を瞬時に起動するために、「ホームボタンのトリプルクリック」によるショートカットの設定があります。

ショートカットの設定方法

「設定」→「一般」→「アクセシビリティ」→「ショートカット」

今回、この問題に悩まされたのであれば、ショートカットの設定を確認してみてください。ショートカットの設定で「VoiceOver」にチェックが入っている可能性があります。この「ショートカット」の設定をオフ(チェック解除)にしておけば、いきなり「VoiceOver」が起動してしまう問題は解決できます。

※iPhoneはiPhone 6、iPhone 7Plusなど様々な筐体があり、OSバージョンも常に変更されます。そのため、手順や設定の名称に違いが出る場合もありますが、上記の情報で解決できます。

視覚のアクセシビリティ - iPhone - Apple(日本)

iPhone芸人 かじがや卓哉がズバリ教える iPhone初心者 今日から役立つ100のネタ

iPhone芸人 かじがや卓哉がズバリ教える iPhone初心者 今日から役立つ100のネタ