読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元ショップ店員だけが知ってるソフトバンクの説明書

ソフトバンクで働いていた私が賢くお得に利用する方法をお伝えしています。

最新のiPad (第5世代)とiPad Pro(9.7インチ)ならどっちを買うべきなのか比較してみる。

f:id:urasoftbank:20170430091818p:plain

2017年4月現在、iPadの在庫が少ない状態が続いています。2月頃までは新型iPad発表前の在庫調整という噂が大半を示していましたが、新しいiPad (第5世代)はまさかの機能低下、すでに発売されているiPad Pro(9.7インチ)のほうが高額という予想外な結果となりました。

そのかわり在庫はiPad (第5世代)の方が安定しているようで、iPad Pro(9.7インチ)の方が在庫薄の状態が続いています。

在庫がないなら新しいiPad (第5世代)の方が値段も安いし、こちらで良いのかなと揺らいでしまうところですが、いやいや、せっかくなら高性能なiPad Pro(9.7インチ)にこだわりたい、という人もいると思います。

そもそも、詳しい人にとってはどちらにどんな性能があるかは公式HPなどでサッと調べてしまうと思いますが、今回はこれからiPadを検討しているんだけど、どちらが正解かわからないという人向けに、両者の大きな違いに着目して比較してみました。

スポンサーリンク

画面やカメラにこだわりたいならiPad Pro(9.7インチ)

f:id:urasoftbank:20170430224943p:plain

iPad (第5世代)はカメラの画素数は800万画素、対してiPad Pro(9.7インチ)は1200万画素です。自撮りなどに使うインカメラは、iPad (第5世代)は120万画素しかなく、iPad Pro(9.7インチ)の500万画素と比べるとかなり見劣りします。

ですが、iPhoneやiPadは800万画素でも十分綺麗な写真が取れます。あくまで、こだわる人ならという条件ではiPad Pro(9.7インチ)は魅力的です。4K動画撮影も可能ですし、True Toneフラッシュで夜景でもきれいな写真が撮れます。

それでもiPad (第5世代)のカメラ性能はそれ程悪いとは言えず、iPad Air2と同等の性能を持っています。iPad (第5世代)が悪いというより、よりきれいな画像を求めるなら避けるべきという位の感覚で考えてよいと思います。

ディスプレイはiPad Pro(9.7インチ)の方が明るく、反射防止で外でも見やすいという特徴がありますが、これもiPad自体が、歴代画面が綺麗という特徴を持っているので、初めてのiPadならそれ程気になりません。

ゲーム重視ならiPad Pro(9.7インチ)

f:id:urasoftbank:20170430223317p:plain

画質のキレイなゲームや処理の重いゲームを楽しみたいなら、iPad Pro(9.7インチ)がお勧めです。

その理由は大きく2つあります。iPad (第5世代)はA9チップを採用していますが、iPad Pro(9.7インチ)はA9Xチップを採用しています。よりパフォーマンスが高いので、高処理が必要なゲームでもサクサクとストレスなく遊べます。

また、iPad Pro(9.7インチ)はスピーカーが4ヶ所なので、より臨場感のある音楽が楽しめます。ただし、それ程複雑でないゲームならば、iPad (第5世代)でも十分です。

軽さと薄さにこだわりたいならiPad Pro(9.7インチ)

f:id:urasoftbank:20170430092110p:plain

iPadの9.7インチのサイズは、初代、2代目、3代目、Air、Air2、iPad Pro、iPad (第5世代)と変化を続けていますが、Air2とiPad Pro(9.7インチ)は厚さ6.1mm、重さ437gとかなり軽量化されました。iPad (第5世代)はiPad Airと同じ厚さ7.5mm、重さ469gとやや重量感があります。

iPad Airの時点でかなり薄くなり軽量化されたので、十分軽くて薄く感じるとは思いますが、重さがネックに感じる使い方をするなら、やはりiPad Pro(9.7インチ)がお勧めになります。

ぶっちゃけ性能にこだわらないならiPad (第5世代)でも十分すぎる

f:id:urasoftbank:20170430225616p:plain

ここまで見た中では、iPad Pro(9.7インチ)の方が優秀なのはもちろんですが、それ程機能にこだわりはないという人もいると思います。

「iPad (第5世代)」であるがために、致命的に性能が劣るという訳ではないので、こだわりがないのであればiPad (第5世代)でも十分実用性はあります。どちらのiPadを選んでもネットは見られますしアプリも取れますし、地図もカメラもSNSも使えます。

本の代わりに使いたい、YouTubeが見たい、という願望はどちらのiPadも全く問題ありません。そうなると値段の安いiPad (第5世代)という選択肢もありだと思います。

iPad (第5世代)のここだけには注意

f:id:urasoftbank:20170430092401p:plain

そんなに高性能は期待していからiPad (第5世代)でも良いかなと思った人に対してですが、重要な注意点を1つだけ挙げておきます。

ここまで挙げた比較については、性能の違いはあれど、どちらも同じような機能は使えるという点では共通しています。ただし、iPad (第5世代)にはついていない機能で、人によっては非常に困る機能が2つあります。

それは、「Apple Pencil」と「Smart Keyboard」の対応可否です。

実は、iPad (第5世代)は両方とも対応していません。Apple Pencilはまるで鉛筆のように、筆感によって太さや濃さが変わります。また、使用している間は手がディスプレイにあたっても反応しないので、自由な持ち方で描けます。

Smart Keyboardがあればパソコンのようにキーボードで文字入力が可能になります。使い方によってはこれらの機能がないと不便で困る人もいると思います。購入後に後悔しないよう、これらの機能が必要かは確認した上で購入してください。

iPad - Apple(日本)