元ショップ店員だけが知ってるソフトバンクの説明書

ソフトバンクで働いていた私が賢くお得に利用する方法をお伝えしています。

iPhone ⇒ iPhoneに連絡先を移すだけならWi-Fiもパソコンも必要ありません。

iPhone
iPhone / yoppy

iPhoneからiPhoneへ機種変更する時、「データ移行は自分で行なってください。」と言われるのが当たり前になってきています。昔の感覚だと電話帳移行はショップでやってくれるという認識でいる人が多いのではないでしょうか。

データの移行に関しては、個人情報やデータが消えてしまった時の責任の問題があり、自己責任で行うようになっているようです。iphoneのデータ移行で最適なのはiCloudやiTuneを使っての移行です。しかし、パソコンがない、Wi-Fiがないという人もいますし、とにかく簡単にデータ移行して欲しいという人もいます。

今回は敢えてiCloudバックアップやWi-Fiを使わずに、電話帳(連絡先)データだけ移行する方法を紹介します。

スポンサーリンク

iPhone ⇒ iPhoneへの連絡先移行はApple IDとパスワードのみ

f:id:urasoftbank:20170727061808p:plain

iPhoneからiPhoneへ電話帳を移行するのに必要なものは2つあります。

  1. Apple ID(メールアドレス)
  2. Apple IDのパスワード(英数字8文字以上で1文字以上の大文字含む)

(1)のApple IDは、現在使っているiPhoneの設定から確認がとれます。iPhoneのバージョンによって変わりますが、設定から「iCloud」もしくは「iTunes StoreとApp Store」を開くとメールアドレスが表示されますが、それがApple IDです。

(2)については、アプリをインストール時などに入れるパスワードです。どうしてもわからなければ、Appleサポート窓口に繋げばパスワード再設定の手伝いをしてくれます。

iPhoneを使っている方は、今回の方法に限らず、様々な場面でApple IDとパスワードを求めらることがありますので、パスワードを忘れてしまったという方は、この機会に再設定をしておくことをオススメします。

非常にシンプルな電話帳移行方法

iPhone
iPhone / matsuyuki

それでは、電話帳データの移行の方法について紹介します。

機種変更前のiPhoneのiCloudを開くと、写真、メール、連絡先、カレンダー・・・と項目が出てきて、右にチェック欄が出ています。連絡先の所にチェック(緑色)を入れてください。電話帳移行前のiPhoneの作業はこれで終わりです。

次に新しいiPhoneで、iCloudでログインしてください。iOS 10以降なら設定の一番上にアカウントがでます。ここでApple IDとパスワードを入力して、iCloudにログインすると、やはり写真、メール、連絡先、カレンダー・・・と項目が出てきます。新しい端末でも、連絡先にチェックを入れます。

これらの作業が終わったら、連絡先、つまり電話帳を開いてみてください。おそらく電話帳がきれいに移っているはずです。

iCloudバックアップと何が違うのか?

f:id:urasoftbank:20170727064016p:plain

iCloudにアクセスしているので、「iCloudでバックアップしたのでは?」と思うかもしれません。しかし、iCloudのバックアップは、Wi-Fi環境が必要で、時間もかかり、しかも「5GB」を超えるバックアップは有料ストレージの購入が必要です。

今回の方法は、バックアップというよりも同期の機能です。チェックをつけておくと同期されるので、他のデバイスでも同じIDでログインすると、同じデータが見られます。時間もかからずすぐに反映されるので、とても簡単です。

もしもiPhoneが故障してしてしまい、電話帳などのデータ移行が出来なかったという人も、ダメもとでiCloudの連絡先を同期してみてください。サクッと電話帳が戻ってくる可能性は十分にあります。バックアップデータが残っていなくとも、以前の端末で同期オンになっていれば戻ってくる可能性があります。

Wi-Fiがなくても一部のデータなら移行できる

Wi-Fi
Wi-Fi / chrisoakley

iPhoneの場合、Wi-Fiなしではデータ移行やバックアップができません。しかし、電話帳移行や一部のデータに関しては、Wi-Fiに接続しなくてもデータ移行が可能です。Wi-Fi環境やパソコンがあるならiCloudやiTunesでアプリや設定情報も含め、丸ごとバックアップのほうが確実ですが・・・。

データ移行に関しては、ショップなどに確認をしても「Wi-Fi環境が必要です」と言われる可能性が高いです。iCloud自体がWi-Fi前提での機能みたいな所があるので、上記の方法でうまくいかない可能性もあります。Wi-Fiについてはソフトバンクショップに行けば無料のWi-Fiスポットに繋げてくれるので、うまくいかない時はショップでやってみてもいいかもしれません。