読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元ショップ店員だけが知ってるソフトバンクの説明書

ソフトバンクで働いていた私が賢くお得に利用する方法をお伝えしています。

フレッツ光から「転用」すれば料金が安くなるって言うけど、そもそも「転用」って何?

f:id:urasoftbank:20170409065018j:plain

機種変更や新規、乗り換え(MNP)でソフトバンクショップにいくと、現在の光環境について質問を受けることがあります。

「今インターネットはどこと契約していますか?」と聞かれても、よくわからないという人も多いです。(フレッツ光かな?でもOCNだった気もするし・・・何と答えたらいいのかわからない・・・)

コチラが悩んでいる内に、店員から「ソフトバンク光にするとスマホが安くなるんです!」なんて言われると、何だか怪しい話のように見えるのではないでしょうか?現在は、怪しい話じゃないかと思う位でないと、どこで騙されるかわからない時代です。警戒はするに越したことはありません。

ちなみに、ソフトバンク光を申し込むときは「新規」と「転用」のどちらかを選択することになりますが、すでに、自宅でフレッツ光を利用している人は「転用」での申し込み、フレッツ光を契約していない人は「新規」での申し込みとなります。

今回は「転用」とは何なのかについてまとめました。

スポンサーリンク

フレッツ光だけではない。プロバイダはどこで契約しているかも重要

f:id:urasoftbank:20170409071132p:plain

現在、光回線を引いている人の多くは、「フレッツ光」で契約しています。フレッツ光は、NTTが提供している光回線のサービスです。光回線は、光ファイバーで自宅まで回線を引っ張ってきて、インターネットに繋いでいます。フレッツ光を契約すれば、おうちまでインターネットの線をつないでくれるわけです。

ただし、インターネットの線を繋ぐだけでは、ネット検索はできません。私たちがネット検索をかける時には、URL(アドレス)にアクセスします。http://とかで始まるようなアドレスですね。このアドレスがどこのホームページに繋がっているのかを調べて繋いでくれるのは、フレッツ光ではありません。アドレスを探してホームページを開いてくれるのが「プロバイダ」です。

「プロバイダ」とは・・・

フレッツ光をインターネットにつなげる事業者のことです。プロバイダはインターネットの入り口。フレッツ光でインターネットを利用するには、フレッツ光のご契約とは別に、プロバイダのご契約が必要です(別途月額利用料などがかかります)。

フレッツ光:教えて!プロバイダって何?

ぷららやOCN、Yahoo!BB、niftyなどが、プロバイダですね。

インターネットを利用するには、フレッツ光とプロバイダの両方との契約が必要になります。その為、「インターネットはどこと契約していますか?」という質問に対しての正しい答えは、「インターネットはフレッツ光で、プロバイダはOCN」というような言い方になります。

NTTの独占から自由化された光回線ビジネス

Internet
Internet / Skley

プロバイダがどうあれ、インターネットの線を引いている大本はフレッツ光が主流です。

今までは、NTTの光回線が優遇されていて、他の会社はサービスを始めたくても簡単には始められませんでした。これはいかがなものかと言い続けていたのがソフトバンクで、ついにフレッツ光の自由化が始まりました。

「ソフトバンク光」や「ドコモ光」もそうですが、今までプロバイダーのみ扱っていたOCNやnifty、そして家電量販店など別の事業者もフレッツ光のサービスを提供できるようになっています。

とはいえ、現在多くの家庭でインターネット契約を結んでいて、わざわざ他の事業者に乗り換えるのに、元ある光回線を引き直すのは無駄な手間になります。多少料金が安くなるとしても、「そんな面倒はしたくない」という人は多いです。

そこで、1回だけならフレッツ光の回線はそのまま使用して、契約先だけを変更できるように決められました。それが「転用」です。すでに引いてあるフレッツ光の回線はそのまま利用できますが、契約先は新たに決められます。

光回線とプロバイダが一本化になる

f:id:urasoftbank:20170409082412p:plain

フレッツ光というネット回線はそのまま使えるとして、プロバイダはどうなるのかという点についてですが、光の自由化に伴い、インターネット回線とプロバイダの一本化も行われました。

今までは回線はフレッツ、プロバイダはOCNというように、窓口や請求は別々になっていましたが、今は一本化されてきています。

例えばソフトバンク光なら、インターネットとプロバイダが一本化されているので、別途にプロバイダと契約する必要がなくなります。

ソフトバンク光では「Yahoo(Yahoo!BB)」がプロバイダサービスを提供していますが、窓口はソフトバンク光で一本化されています。転用をすると、インターネットとプロバイダが一本化されるので、窓口も共通になり、支払いもまとまるので、わかりやすくなります。

契約していた元のプロバイダはどうなるのか

f:id:urasoftbank:20170409083319p:plain

転用後はプロバイダも一本化されるので、現在利用しているプロバイダは必要なくなります。

ソフトバンク光の場合、ネット回線はフレッツ光を利用し、プロバイダはYahoo!BBとなります。元々フレッツ光でプロバイダもYahoo!BBの場合、一本化されますがサービスは同じです。そのままYahoo!BBのプロバイダを引き継ぎます。

もしもプロバイダがOCNだったりniftyだったりと、Yahoo!BB以外と契約している場合、転用後はプロバイダが2重契約となってしまいます。その為、転用後は元のプロバイダの解約手続きが必要になります。プロバイダの解約は電話1本で簡単に行えます。

月々の料金はどうなるのか

Calculator and Money
Calculator and Money / Images_of_Money

一般的に転用をすると、インターネットの通信料は安くなると言われています。

その根拠として、今までフレッツ光とプロバイダ双方に払っていた料金が一本化されるので、料金がまとまって安くなるという点があります。特にソフトバンク光やドコモ光の場合、スマホの料金の割引も利くので、通信費の大幅な節約に繋がります。

言ってしまえば、自由化されたのに料金が高くなるのでは、わざわざ転用をする人もほとんどいないでしょう。逆に転用をする人が増えている一番の理由が、通信費の節約です。

ただし、転用後に料金が高くなったという声も見かけるので注意が必要です。転用後に料金が高くなるのは、不要なオプションや高額プランを契約させられるパターンが多いです。転用時の注意点として、電話での勧誘、訪問販売、キャッシュバックの適用条件などには注意しましょう。

ura-softbank.hatenablog.com